Profile

Artist
Mikiko Yoshid
a

吉田 美紀子 

MikikoYoshida

1970年 神奈川県生まれ 藤沢市在住
1990年 東京工科専門学校 インテリア科卒業後、建築設計の仕事に携わる。
1998年 個展を機に、アートユニット「IRONGREY」の作家として活動開始。
    (コンセプトからデザインワーク)
自然観をコンセプトに、主に金属をメインとした抽象造形作品を制作。
コミッションワークを多く手がけ、集合住宅、ホテル、企業、病院、個人邸など、様々な建築空間に約21年間で1,000点以上の作品が取り入れられる。
2019年 ひとつの区切りとして「IRONGREY」脱退。
2020年   個人で活動していたクラフトワーク他、新たに造形作家として活動を始める。

素材や技法にとらわれず、その時表現したいと思った方法で作品を制作探究しています。

MikikoYoshidaArt

▫️Concept
自然には色々な姿があります。
私は、人が自然の一部であるように、自然にも心があり、喜怒哀楽の表情を見せるのではないかと感じています。
そして、太陽や海、山や川など自然の生命力、光や風など、目には見えないけれど感じる透明感や爽快感などにいつも感動し、エネルギーをもらっています。
人は誰しも自然の中の何かに魅かれ、調和することで安らぎをも感じるのではないでしょうか。
私は、その自然の心と目には見えない力をテーマに表現しています。
作品を通して、人それぞれの心象風景が想起され、人の心と自然の心が繋がれたらとても嬉しいです。
現代生活の中にあっても、自然を感じ大切にすることによって、人の心も守られ豊かに生きられるのではないかと考えています。

▫️個展
2020年 「吉田美紀子展」Gallery Q、東京
2009年 「海のいろいろ展」BEACH葉山、神奈川
2008年 「海からもらったパワーをかたちに展」青葉台東急スクエア・リビングカフェ、神奈川

▫️グループ展
2021 年「アーティストが創るBAG展」Gallery Q、東京
2020年 「VARIED OBJECTS EXHIBITION みつならび展」オリエアート・ギャラリー、東京
2014年 「アートと暮らすよろこび『ARTHOUSE』(オリエアート・ギャラリー)」リビングデザインセンターOZONE、東京
2013年 「Richseasons 30×30cmアート展」オリエアート・ギャラリー、東京
2011年 「New Year Selection 2011」Gallery Art Point、東京
     「Art Point Selection3」Gallery Art Point、東京
2007年 「SPROUT しぶやでするかい展」ギャラリー東京映像、東京

▫️アートフェア/アートフェスティバル
2012年 葉山芸術祭2012、神奈川
2011年 葉山芸術祭2011、神奈川
2010年 Young Artist Japan Vol.3、東京

▫️ワークショップ
2010年〜2014年 葉山町一色の古民家を「Studio seagreen」として、ビーチコーミングによるワークショップを開催

▫️過去の主な作品実績
2020年 グランクレール立川 各階通路(ミクストメディア)
2017年 ヴィラージュ伊豆高原 客室(ミクストメディア)
2014年 昭和大学江東豊洲病院 通路(ミクストメディア)
2012年 ホテル日航東京(レリーフ)
2011年 グランダ三鷹台(絵画)
2005年 ホテル日航東京(ミクストメディア)
2005年 ホテルサンルート高田馬場 レストランティンバー(絵画)
2002年 株式会社日本環境認証機構JACO(絵画)、等


______________________________________________________________________________________

▫️IRONGREY 作品実績(順不同)2001年〜2019年
⚫︎HOTEL
THE THOUSAND KYOTO (レリーフ・オブジェ)/東京會舘(レリーフ)/星のや台湾(レリーフ)
ラグーナベイコート倶楽部(レリーフ)/ホテル ザ セレスティン銀座(オブジェ)
プリンスギャラリー紀尾井町(オブジェ)/FAIRMONT JAKARTA(オブジェ)
マンダリンオリエンタル浦東上海(レリーフ)/パレスホテル東京(オブジェ)
フォーシーズンズホテル北京(オブジェ)
セントレジスホテル大阪(オブジェ)/TOKYO BAY TOKYU HOTEL(レリーフ)
ホテルメトロポリタン埼玉新都心(レリーフ)/志摩観光ホテル(オブジェ)、等

⚫︎COMPANY
アンダーソン毛利友常法律事務所(オブジェ)/HULIC &NEW SHINBASHI(レリーフ)
西村あさひ法律事務所(オブジェ)/スフィアタワー天王洲(レリーフ)/SONY株式会社(レリーフ)
積水ハウス株式会社(レリーフ)/監査法人トーマツ(レリーフ/オブジェ)、等

●HOSPITAL・FACILITY
成田記念陽子センター(レリーフ)/茨城県厚生連土浦協同病院(レリーフ)
湘南藤沢徳洲会病院(レリーフ)/掛川袋井市新病院(レリーフ)
大分県厚生連鶴見病院(レリーフ)/新東京病院(レリーフ)
富士通健康保険組合保養所湯布院荘(オブジェ)/ボンセジュール茅ヶ崎(レリーフ)
グランクレール世田谷中町(レリーフ)、等

⚫︎RESIDENCE
パークタワー晴海(オブジェ)/グレーシアタワー二俣川(レリーフ)
パークシティ中央湊ザ・タワー(オブジェ)/ブランズみなとみらい(オブジェ)
プラウド北浦和(オブジェ・レリーフ)/BLUE HARBOR TOWERみなとみらい(オブジェ)
GRANDVIEW SQUARE狭山ヶ丘(オブジェ)
パークコート千代田富士見ザ・タワー(レリーフ・オブジェ)/パークリュクス日本橋兜町(レリーフ)
パークハビオ門前仲町(レリーフ)/月島キャピタルゲートプレイス(オブジェ)
プラウドシティ浦和(レリーフ・オブジェ)/ローレルコート笹塚(オブジェ)
ファーストゲート北戸田(オブジェ・レリーフ)/アパートメンツタワー勝どき(レリーフ)
ブリリアグランデみなとみらい(オブジェ)、等

▫️個展
2001年 「Scoops&Picks&Nice music展」D-netCafe 1255Gallery、東京
1999年 「interior Spice展」E&Yギャラリー、東京
1998年 「鉄家具によるケとハレの世界展」リビングデザインセンターOZONE リビングデザインギャラリー、東京

▫️グループ展
2018年 「Numbers アート×マーク展」オリエアート・ギャラリー、東京
2016年 「30cm×30cmアート Rich SeasonsⅡ展」 オリエアート・ギャラリー、東京
2015年 「現代作家タピストリーと彫刻展」 オリエアート・ギャラリー、東京
2014年 「小オブジェ SHELVES展」オリエアート・ギャラリー、東京
2012年 「オリエ30周年記念展」 オリエアート・ギャラリー、東京
2009年 「2009 Art Front Collection 春風献上展」アートフロントギャラリー 、東京
2000年 「Steven・Alan Aoyama shop/window display制作」Tokyo designers block2000、東京
2000年 「AKARI PRODUCT展」リビングデザインセンターOZONE リビングデザインギャラリー、東京
1999年 「RE-Package展」 イデーワークステーション、東京
1998年 「TREASURED TRASH展」イデーワークステーション、東京

© 2021 Mikiko Yoshida Artist site